スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・キャラクター」

2010/06/23(水)
野田地図 第15回公演/作・演出 野田秀樹
「ザ・キャラクター」

キャスト:宮沢りえ 古田新太 藤井隆 美波 池内博之 チョウソンハ 田中哲司 高橋圭子 野田秀樹 橋爪功 他

衣装:ひびのこずえ

声が楽器のように重なる ギリシャ神話が群集心理に溶け込んで、うずを作る。
舞台美術が言葉となり絵となる。衣装が、音をかなでる。

数年前に日本の早朝起こった事件が、書と神話に紛れて覚えてるかいと顔を出す。
そうだ、宗教を持たない国のゆがみがあった。

救われない人々、おもしろがる外野。幼さで想像力を欠いた当事者。
誰がなにが正しいかなんてわからないけれど、
なぜこうなってしまったのかなんて、わからないけれど。

風化してはいけないその裏側に、そうだまだ誰かが苦しんでいる。

全力で演じる役者達の、本気度が暗転からカーテンコールの一瞬にみえた。
本番と終演の狭間。くっきりと伝わるとの瞬間。
緊張が、ほどけるつかのま。
それがダイレクトに届く。

センター後方、非常に眺めのいい座り席。
この重さを最後まで観せ続けるその力量に感嘆。

宮沢りえの、美しさと苦しいほどの存在感。
藤井隆の演技力を、再確認。意外と言っては失礼か?想像越えしていた。
美波さんの高音で滑らかに会場一杯に通る声。美しい姿。滑舌良く、役者力に期待。
チョウソンハの天使と悪魔。ああ、さすがの演技力。無邪気さがここまでもコワい。
誰も彼もが、一体となって作っていたこの芝居。

光と影と、群集心理が重力を増した。

忘れちゃいけない。
日本は、危うい繊細さのうえに成り立っている。


comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。