スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Annette Messager : The messsengers

アネット・メサジェ 「聖と俗の使者たち」
会場: 森美術館
スケジュール: 2008年08月09日 ~ 2008年11月03日
9月23日(火)は22:00まで
住所: 〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
電話: 03-5777-8600

白い壁に囲まれた広々とした通路。その天井からぶら下がる“何か”。
誰かの部屋をこっそり覗いているような気分になる、窓から覗くコレクターズルーム。
天井に線路のように円を描いたレールからワイヤーでぶら下げられた、布や毛糸などで作られた “物体”が、グルグルと回るたびに、キコっ・・・キイっ・・・キコっ・・と音がなる。まるで、その“物体”が鳴いているように聞こえる。

素敵な童話を聞いたあと、本当のお話はこっちだよと元祖のグリム童話を教えられたらこんな気分になるのだろうか。寓話。俗。不可思議な世界に現実の業。この展示で語られていた聖は性でもあり、生でもあるのか。

紡ぎだす物語を形にし魅せる その完成度の高さ。

本を読み終えたら、読後感っていうけれど。
アートの後は、なんと言えばいい?
その読後感“今回の美術編”は、混沌だった。

“ナニカオモシロイモノガミタイナ”であったら、ぜひともお勧め。
なんだか“美術鑑賞したいわ”だったら?まっさらな心で挑むのがいいかも。
ちょっと内臓が病んでいたら?元気になってからのほうがいい・・・・です。

この展示のチラシにあったアーティストと作品を形容する言葉たち、 鮮烈な女性・独特のエスプリ・奇妙で不可思議なかたち。
今日みたことをリアルに順序だてて素材や動きを説明していくと、見る前から気持ち悪いという印象ばかりが残り足を伸ばそうとしなくなってしまうかもしれない。それを、内容をはっきり説明せずにそこからかもし出される雰囲気だけを説明することで、このアーティストへ関心を向かわせるのはそうたやすいことではないだろうに。すごい、このアーティスト紹介文。

負と対峙すると、どしっと疲れる。
無邪気さという太陽にコートを脱がされてみたら、覆うものがなくなってソコに残酷さが笑いながらタックルしてきた。
そっか、こんな世界に住んでるんだ。

comment

Secret

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。