スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月納涼大歌舞伎

歌舞伎座百二十年 八月納涼大歌舞伎 
第三部 18:15開演
「紅葉狩」
「野田版 愛陀姫」

このチケット、争奪戦でなかなか取れない。
野田秀樹演出チケットは、相当の根性ないと取れない。
私は昨夜、おこぼれ譲渡に預かった。
感謝。

歌舞伎座、デビュー。
初歌舞伎、前日夜に知ったのだから予備知識などからっきしない。
で、イヤホンガイド。

歌舞伎座入って席を確認。
おお~~~っと、花道の脇じゃん♪テンションあがる。
その劇場の作りからしてワクワクするし。
売店や小腹を満たす数かずのお店を覗いてるだけでも面白い。
そしてさらに。
和服姿の女性や男性、お着物も素敵だし、浴衣もステキだわ。
特に、ご夫婦(?)で和装だと観てるこちらが萌える。
男性が帯しめてる姿は・・・いいわぁ。
ああ、私はロビーの楽しみ方を間違えてる。

さてさて、歌舞伎。
『野田版 愛陀姫』
無垢と純情と理不尽と執念とその、刃の矛先。ベクトルの行方。
嫉妬と愛。愛?誰に?故郷?家族?想い人?
侍の覚悟する“死”と。恋する女性が口走る”死”の重みは違うんだ・・・と、思う。そして、その無垢さや純情さ、コワさを知らない透明感。
群像心理が作られて行く様を、目の当たりにしながらそれを神秘的な事由に置き換えて逃げようとする現代の人々。すべては、人が関わっているんだ。矛盾、理不尽、人の業の行方。
野田芝居、勘三郎さん芝居の追求するテーマ。

オペラの音楽劇を、要所要所歌舞伎に取り入れ。そのリンクを知る人にとってはなんともいえない充実満足度を得たことだろう。
言葉使いの妙。
演出の小技、大技、変化球。
演技者の技量は問うまでもなく。

書きたいところはたくさんあるけれど。
考えすぎてもう、胃がきゅうきゅうしてる私には、
これが限度。

愛って???
そんな、壮大で答えのでないデーマを投げるなっ。
考えすぎて、頭いたいじゃないか。

歌舞伎どうだった??
ってきかれたら・・・・・小一時間くらい時間くれたら、
話せそう。

色んな角度から、歌舞伎座は語りたいし、奥深い。

ひよっこの私にゃあ、
あの場、花道近くにいるだけでワクワクだったし。
浅いね、興味が。

とりとめない、エントリー。
今日が終わる前にアップしたい衝動にかられたから。


たぶん、後ほど修正。

歌舞伎、一度はどうぞ!!



comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。