スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの100年展

日仏交流150周年記念
芸術都市 パリの100年展
ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街1830-1930年

場所:東京都美術館
期間:2008/04/25-7/6

近代フランス約100年の作品、約150点をそろえた展示。

エッフェル塔が、建設されていく過程の写真が並べられていた。
脚柱のアーチが美しい。
命綱なしで、たった一人しか死亡者がでなかったという説明を、複雑な思いで読みながらも。エッフェルさんの建てたるっていう気合いが、写っているかのようで。
モニュメントとしての役割が、パリの景観に会わないからと知識人からの反対で、消されようとしていたこともこの展示で初めて知った。その後、テレビ塔として残ったという。

080522 0805221


絵画ひとつひとつに、絵の説明と、画家のプロフィールがついている。

ミュージアムショップには、パリの美術館マップをプリントしたペーパーミニトランクがあった。買いそびれて、ちょっと悔やまれる。

comment

Secret

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。