スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SICF

第8回 Spiral Independent Creators Festival
会場: スパイラル
スケジュール: 2007年05月02日 ~ 2007年05月05日 19:00
住所: 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
電話: 03-3498-1171

ある場所で預金通帳みたいな案内を見つけた。
知人のむちゃ近いご関係の方が出品されているという。
スパイラルホールへ。

あのスペースに50ものブースがあるというから、どんな感じだろうと思っていたら、デザインフェスタの整理されているアート色強い展示だった。質のいいブースが容易に見つかる。面白い。

2日~3日は、GROUP:Aの展示。
その中から、いくつかを。(敬称略)
ブース11:後藤充宏【アートファニチャー(スーパーチェア)】
chair

car


真っ赤ないすが、ブース内中央にでんっ!!円盤の上に鎮座しているのだけれど、いい存在感。丸っこくって触りたくなる。じっと見ていたら、“座ってみてください。”素直に座る。でも、おそるおそる。背もたれにもちょこん。こんな怪しげな形状のいすなのに、とてもすわり心地がいい。包まれているようで。作った方と、このいすのイメージがぴったり!!素材の冷たさと、形や色の暖かさ。そして、座った感触。座ってもいいし、置いてあるだけでオブジェになる。

ブース2:Show Each(宮田正一)【パブリック ファニチャー】
次もいすなのだけれど、この方に最初にした私の質問
“理数系ですか?”
tri

写真ではうまく伝わらないのが、残念で・・(技量が足りず(謝))
とんでもない鋭角の角度で板がつなぎ合わさって、いすになっている。
なんと、エクセルですべて角度やら長さやら計算し、立体にしているという。
その、微妙・・な、角度が座って足が内側に納められる空間や、お茶を置くスペース、背もたれなどアンバランスに見せてとってもバランスが取れていて、座るとしっくりくる。こういうのが、銀行や図書館にあればいいのにと思った。

ブース40:SECAM(藤野つむぎ・藤村るり子)【立体】
この歌から連想するものは・・↓
taiyakisongポチ→大

このひとつひとつの袋の中に・・。
taiyaki2

鯛焼き。皆、焼き加減が違う。
taiyaki1

しかも、足があるっ!!!!!!
taiyaki

型から、自分で作ったそうだ。
taiyakikata

家で、作って食べたというので聞いてみた。
“どこから食べました?”
“頭から・・。”
隣にいた、出展者のご友人さんは、
“私は、後ろ足から食べるかな~。”
この鯛焼きだったら、taiyakiも後ろ足から食べる。

なぜ、鯛焼きを・・という質問をしたら。
“まい にち まいにち・・”
の歌詞を指差して、これを表現したかった・・
というようなことを、淡々をお話された。

これ、足つき鯛焼きを人間だと思うと、
なんともシュールな作品だ。

とても、わかりやすく目をひき。よく観ると意味がある。
とっつくのに説明がいらず、その先を知ると面白さが増す。

楽しい!!

***

紹介した三つのブースさんが参加されているAグループは3日まで。
GWお近くまでいらしゃったら、ぜひ足をのばしてみてください。

comment

Secret

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。