スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の分け前

SUNTORY YAMAZAKI DISTILLERY(since 1923)
日本で最初にできた、ウイスキー蒸留所。
こちらへは、前田知洋さんファンお友達の
たづるさんに連れて行っていただき、念願の見学!!
日本で、ウイスキーの蒸留所を見学するのは始めて。

原料・蒸溜法・熟成法・ブレンド法・特徴などを
蒸留所内を見学しながら説明していただく。

山崎では、デンプンを多く含む“二条大麦”を使用。この大麦を麦芽にするときに焚くピートの煙から生まれるのが、ウイスキー特有のスモーキー・フレーバー(ピート香)日本はスコッチよりもピート香が弱く、味が深くて濃いのが特徴。

酵母が加えられ、発酵。大きな木桶が並ぶ室内は、独特の香りで満ちている。発酵の終わったもろみは、銅製のポットスチル(単式蒸留器)で二回蒸留。様々な形の個性的なポットスチルそれぞれに、特徴がある。蒸留直後はまだ透明。この液体(ニューポット)をテイスティングカウンターで100円で試飲させてもらった。化学実験の液体のような、舌の痺れと、けんか腰の焼酎のような味と香り。
生まれたては、荒い。

そして、
琥珀色の液体になるべく、熟成へ。
樽がずら~っと、幸せな光景。
容量の異なる三種の樽に詰められたウイスキーは、
貯蔵庫の中でゆっくりと呼吸し、しかるべき時を待つ。
貯蔵庫内は温度調節がされていない。
日本の気候の特徴、季節変動がはっきりしているため、樽の中でウイスキーが回流する。
そして、年に一回深呼吸もする。
外気との温度差で外気を吸い込み内圧が下がり、5、6月は内圧が上がって溢れてくる。
suntory

こうして、10年で四分の一のウイスキーが失われる。
この減り分を、倉人たちは
『天使の分け前-Angel's Share-』と呼んだ。

今でも、お酒が蒸発することを良くこういいますね。
好きな表現です。


蒸留所では、タイミングよく樽払いと樽詰めの作業中。

そして、試飲へ♪(ニコッ)
幸せでした。満喫でした。
***試飲後の感想***
蒸留直後の生まれたての透明な液体が、琥珀色に。
豊潤な香りと滑らかな舌触り。日本のウイスキー。
樽の中で成長し、丸くなっているのだろう。
出来る事なら、この貯蔵庫で私も熟成しなおして、
もう少し丸く深く濃く、成長できないだろうか・・。

なんておもったり。
日本のだったら、サントリーを選んでしまいそう。
とても、単純(笑)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

床の間に飾りたくなる?!有田焼のウイスキーボトル

TB失礼します<(_ _)>きわめてフルーティーで甘美な芳香をもち、重厚・馥郁な味わいのサントリーウイスキー有田焼のサントリーボトルコレクション「響21年」。梅に流水文を配した図柄です。

comment

Secret

ニューポット

ほんと楽しい工場見学でした♪
ニューポットの香り、かなり強くって驚きましたね☆

自分の生まれた年のウィスキー樽が静かに横たわっているのを見るとなんともいえない気持ちになりました・・・。

また、遊んでくださいねv-238

たづるさん☆

おかげさまで、とってもとっても楽しかったです!
“運転手シール”のたづるさんのお隣で、自由にテイスティングしていた私って・・・(汗)

>自分の生まれた年のウィスキー樽・・
なんだか、一緒に成長しているような気持ちになりますね。

本当に、ありがとうございましたっ(感謝!)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。