スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目黒・新宿・イルミネーション

目黒区美術館
『素描する人々』
期間:10/14-12/3

川沿いの並木道。
紅葉を愛でながらのんびり歩くと、木陰の奥に美術館。

同日同モデルで描く画学生それぞれのデッサン。
当時の生活を知る、貴重な記録ともなっている。
絵の横に、いたずら書きや似顔絵。ノイズもまた、記録。
面白い切り口。

東京都庭園美術館
『アール・デコ・ジュエリー 宝飾デザインの鬼才シャルル・ジャコーと輝ける時代』
期間:10/14-1/14

・・・・・・・・・美しい。

学生の頃。
ジョルジュ・バルビエの絵葉書を集め、この時代の衣装を勉強していた。

そんな興味から行ったのだけれど。
建物、内部を歩くだけでも楽しい。

ルネ・ラリックのデザイン画と宝飾、穴が空くほど見つめる。
数日前に整理していた美術の教科書に出ていた。
繊細で個性的で、惹きつけられる。

シャルル・ジャコー。
出来る事なら、宝飾や装身具は諦めるから、
デザイン画を・・・・この手に(つぶやき・・・)

絵の精巧さ。
絵が伝えるイメージ。石の質感。
平面から想像する完成品は、ため息がでるようで。

輝き。品。落ち着き。
翡翠であろうとオニキスであろうと、それを正確に描写する。

息を呑むデザイン画。

鉛筆で入れられた案内線が、彼の几帳面さを残す。
喉から手がでるほど、欲しい。
デザイン画。

来て良かった。



新宿へ。
ハンズの品揃えにハンズらしさ。
“えっ・・こんなものもあるの?”っていうものはあるんだけど、
“あ・・これはあってほしいな”というのがない。
で、つい関係ない売り場まで見てしまう。遊園地みたいに楽しい。

外は暗く、イルミネーションが始まっていた。
yoru


・・・ルミネtheよしもとが気になる。

comment

Secret

わ!ニアミスだ!

庭園美術館、私も昨日14時頃行ってましたよ。
シャルル・ジャコー、いいですよね~!繊細さと緻密さと大胆さ。
すべてが小さなひとつのデザイン画の中に同居していて鬼才という言葉に納得しました。
デザイン画が欲しくなるジュエリーデザイナーって、あまりいないような気がします。
…いつか、ああいう本物のジュエリーが似合う女性になりたいものですね(^^)

ririさん☆

なんていう偶然!!同じ日に同じ展示を観にいっていたのですね!
>いつか、ああいう本物のジュエリーが似合う女性に・・・
似合うなと自分が納得できたら、身につけたいようなジュエリーです。そういう、品がありますよね。

あの美しいデザイン画一枚を描くために、何枚のスケッチをしてアイデアのラフ案をたてて・・・丁寧に彩色して・・・その工程も興味があります。
貴重な、デザイン画でした。
本当に、まさしく、鬼才ですね。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。