スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄華・美術・誇

『プラド美術館展』
スペインの誇り 巨匠達の殿堂

場所:東京都美術館
期間:2006年3月25日(土)~6月30日(金)
開室時間:午前9時~午後5時(入室は閉室の30分前まで)
休室日:月曜日(5月1日は開室)

桜の下を潜り抜け、なんとはなしに歩くと・・良く足を運ぶ美術館。
入ることにした。

なんの予備知識も下準備もしていなかった。知識も浅い。が・・・。
この展覧会は良い。
スペインだからなのか、プラド美術館のコレクションだからなのか。
好みとか通り越して、いいと思った。力がある。1600年頃だから400年は前か。その時代が、圧倒的な迫力。
素晴らしい作品の数々。

“これがみどころ”と、いうものも有るらしい。とても観る側に丁寧に準備されている展示だと今更わかったが、とりあえず、PUREに自分の趣向で速度で進んでいった。絵を、楽しむ。

絵画の、作者の意図を託したその、美しい女性の瞳が、こちら側の自分と視線が合う、一瞬絵の中の瞳と見詰め合ってしまい(光のスポットや焦点の当て具合が顔。表情に何かを託しているようで。劇中の主役と観客側の自分と目があったときのような感覚)、気をつけないとよく“絵”全体を観ないうちに通り過ぎてしまう。

その絵。初めは作者不詳だったらしい。
“神の愛の寓意”・・プラド日記(プラド美術館展のブログ)に額縁について書かれていた。
日本側の修復家として立ち会った森さんのお話・・当時、額に絵画のサイズを合わせた・・・・・読んで、なるほどと思う。
そして、そういう見方も面白いなと。

プラド美術館館長の講演会など、この展示を楽しむ要素を沢山用意して有るようだ。この展示。偶然ながらも、知ることができてよかった。

そして、今日帰りがけにもう一つ見たいものを発見。
国立科学博物館「世界遺産 ナスカ展」・・ナスカの秘密を解析するらしい。なんだか、スゴイ仕掛けがありそうな文面だったため(公園内にかけられていた看板。)、次回の候補に。
(ナスカの地上絵を巨大バーチャルシアターで・・・とかなんとか。)
プラド


ご興味をもたれて行こうかな・・って言う方へ。
ここをクリックしてプリントアウトして持参&提示すると割引になります。

大阪でも、2006年7月15日(土)~10月15日(日)の間開催される予定です。


comment

Secret

都美はいいですよね。
両国の江戸東京博物館と並んで、学芸員さんの『これっ!これ見て欲しいの!』という意思を感じる展示。
都美の階段ではいつも足が止まります。
プロデュースの重さを教えてくれた会場です。

マギーさん☆
いいですね。そういう、見せる側の強い意志があるところはいつも面白いことや、皆さんに興味を持ってもらおうとする姿勢があって、つい寄ってしまいます。
プロデュース、皆さん苦労されているのですよね。沢山吸収されているマギーさんの言葉だと。実感があります。

この美術館には行ったことがあります。
でも、ツアーだったため、ゆっくり見ることはできませんでした。目玉の絵画をささっと見ただけという記憶しかありません。ま、それはそれでよかったのですが。
こういう美術展、関西にも来て欲しいです。

あ、大阪にも来るんですね。よかった!
夏まで待ちます。

PUPPYさん☆
最後の一文は、エントリー書きながらPUPPYさんがよぎって書き足さなきゃって修正したものです!!気づいていただいて嬉しいです。
要所要所に椅子があって、休憩しながら進めるので、ツアーよりも個人で好きなように楽しむほうがもしかしたらいいかもしれませんね。とっても広いですし。ちなみに、音声ツアーを持って歩く事も出来るようです(有料500円)

ホームページで見れるかぎりの絵を見てきました^^ なんとなく春に見たい展覧会だなぁ~って思った♪
taiyakiさんってこうやって観に行った後でもちゃんと勉強されたりスタッフにも敬意を表したり…えらいなぁ~… 「気をつけないとよく~」ってくだりからtaiyakiさんの純粋さが伝わってきます。

この絵をみて…ピコンって不思議に思ったことが… マネの絵を思い出して「ぁぁ ビーナスはよくても普通の淑女が裸だと怒られるんだね~…」ってね(笑)

紫乃さん☆
プラド美術館のサイト、行ってくださったのですね!!あんなふうに、事前に見られること後で知りました。工夫されてるなって。
・・あ、紫乃さんにそう褒めていただけると嬉しいです。。でも、とってもtaiyakiは無知なので、どこかで努力していかないと駄目みたいです・・。探究心と知識と能力が追いつかないようで、人より時間がかかってます(汗)

あはっ、最後の疑問面白いですっ!!そうそう、ビーナスって絵画でわかる方法が有るってある専門家が言ってました。貝殻とか花とか・・。淑女が裸だと・・なるほど!!リアルなのは駄目なのかしら??天使もキリストもビーナスも、聖なるものって、布数が少ないですね・・。

早っ!初日ですね。混む前に私も早く行こうっと♪
都美術館、私も好きです。お?!ワクワク☆って思わせてくれる展示会が多くって。
そして上野地区は見終わってからのお楽しみも~。
駅と反対方面、東京芸大方面に廻ると(こども図書館の方)、
知る人ぞ知る有名パティスリー「イナムラショウゾウ」が。
「上野の山のモンブラン」、「イルフロマージュ」ともに絶品ですので、
花も団子も楽しんじゃいましょう☆
(NAMEにお店のURL貼ってみました。)

ririさん☆
リンク、見てきました~!!もうっ、おいしそうっ!!場所もチェックしました。少し、足をのばすと静かでいい場所がありますよね。お店についてはあまり詳しくなかったので嬉しいです♪
最近、見たい美術館やギャラリーの展示が多くて困っています。嬉しい悲鳴です。

>最後の一文は、エントリー書きながらPUPPYさんがよぎって書き足さなきゃって修正したもの
まあ、そうだったんですか。それを聞いて私もうれしくなりました。
確か私が見た作品で覚えているのは、「着衣のマヤ」と「裸のマヤ」、それに革命時期の「5月3日」ですね。それらは来るのかしら?

実は以前におのぼりさんで東京に行ったときにみた作品が大阪に来るということがわかり
今後はちゃんと調べないとなぁ~
と反省していた所でした(><)

これは関西でもみられるそうなので
きたときにはぜひ行ってみたいです(^^)

puppyさん☆
今回の作品リストには、その3点のタイトルはありませんでした。新しく選んだものもあるそうですよ。大阪ではどんな展示方法になるのかわからないのですが、楽しみですね。

たづるさん☆
>東京に行ったときにみた作品が大阪に来るということがわかり・・
それは、ちょびっと残念ですね。
大きな展示だとありえそうな事かもしれません。
是非是非、今回は大阪でご覧になってみてくださいね。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。