スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つの美術館展 in 上野

大エルミタージュ美術館展
場所:東京都美術館
期間:2006/10/19-2006/12/24

ロシアの国立エルミタージュ美術館は、およそ300万点もの
美術品を誇り、一万七千点あまりの絵画を所蔵する。
今回のテーマ「都市と自然と人びと」
チラシより抜粋

15世紀のヴェネツィア派から20世紀の近代絵画まで、400年にわたるヨーロッパ各国の75人の画家による油彩画80点を厳選し、紹介します。


400年!絵画を通して知るその年月は、机で覚えた歴史よりももっとリアルで、描かれる対象や自然、都市、手法などから時代を感じ、歴史を学んでいける。
巨匠だからすごいんじゃあない。ただ、ゴーギャンが観たいだけなら一つの絵画に群がらずに常設展を観にいく方が面白いと思う。
最近のニュースで話題になっていることが、ふと、頭をよぎった。
英語は受験必須科目なんだろう。
国際的に通用する人間を育てたいなどという大義名分があるのだろう。
だとしたら、自国や世界の歴史を勉強していないだなんてとても恥ずかしい事なのではないか・・・と。
受験のために、はぶいちゃうってなんか変。
国を挙げて中途半端な国際人を作ってどうするんだろう・・・。

なんてね、ちょこっと思ったり。

この展示、平日の夕方だというのにとんでもなく混んでいて、人の頭越しでないと鑑賞が難しい。時間の都合がつく方は、週末を避けて平日の午前中あたりがいいのではないだろうか。
(ちなみに、自分は身長約158.5cm)

ベルギー王立美術館展
場所:国立西洋美術館
期間:2006/9/12-2006/12/10
国立西洋美術館

油彩画発祥の地に相応しいかなりの充実度。
面白い。
一番最初の絵画が、《イカロスの墜落》ピーテル・ブリューゲル(父)
この画家さんの油彩画が40点ほどしかなく。今回、この作品は日本発公開。
“む~か~し、ギリシャ~のぉイカロ~ス~が~♪”
この後ずっと、この音楽が頭の中を流れていった・・・・。
まさしく、その作品なんだけれども・・・。

個人的に気に入ったのが、素描。39点あった。
油絵ならともかく、インクと紙で描かれた作品がまだ今の時代に残っていてそれを観られるというのが、それだけでもかなり貴重な気がする。
明りを落とした中で、静かにゆっくり鑑賞できる。
年月がたち、ガッシュでいれられたホワイトの輝きはもう失われていた。

ルネ・マグリッド。彼の絵画の、で~~んとみせてくる矛盾が好き。
なんだか不思議で、思考の余地がある。
寓話の半分あたりに、自分が投げ入れられたような絵画。
絵の質よりも、問題提起や謎掛けが絵から聴こえる。
絵葉書を購入しようと思ったら、“光の帝国”が売り切れていた。

最後に、松方コレクション(常設展示)へ。
いつも見ているもののほかに、新しい展示が数点加わっていた。
この人のコレクションは、膨大でしかも幅広く。
企画展のチケットで入れる。
なんとなくでもとりあえずでも、足を運んで損はないと思う。
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
“thistle”って?
“thistle”=花の名前=ある国の国花 通称=龍宮城=エンタ系記録場

taiyaki

Author:taiyaki
竜宮城は今日も平和です。

そしてみんな大好きです。

☆プロフお弁当 by ちびぶーさん

taiyakiの作り方
レシピ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク=ブログ=
リンク=お気に入り=

               
TB
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。